「彼と一緒にイケない悩み」どうすればいいの?

一緒にイク
一緒にイク

Freedigitalphotos.net

「セックスで彼氏と一緒にイったことがない」というAさん(26歳)。

「彼のタイミングにあわせようとしても、微妙にズレてしまう。彼が先にイってしまったときは、モヤモヤした気持ちになるし、逆の場合は、エッチな気分が冷めてしまうこともある」といいます。

Aさんのように、「彼と一緒にイケない」という悩みを持っている女性は、多いですよね。どのように解決していけばいいのでしょうか。

 

◆「一緒にイク」は幻想?!

愛する彼とのセックスで「一緒にイキたい」と思うのは、自然なこと。

自分と同じように、パートナーにも感じてほしい。一緒に最高の瞬間を味わいたい、という気持ちを持つことは、とてもすばらしいことだと思います。

でも、そもそも「一緒にイク」という発想は、AVや漫画に影響されたものではないでしょうか。

ネットの掲示板やエロ漫画を読んでいると、「俺、イキそう・・・」「私も・・・」などというやり取りのあとに、2人が激しく共鳴しあって、絶頂を迎えるという光景がありますよね。

こういうものに触れていると、「セックスでは普通、一緒にイケるものなんだ」と思ってしまいがち。ですが、やはりそれは「フィクション」でしかないのです。

 

◆男女のオーガズムの違い

なぜ、セックスで一緒に絶頂を迎えるのは難しいのでしょうか。その理由は、男女のオーガズムの違いにあります。

男性の場合、ペニスに刺激が加わると、「早く射精したい」という気持ちが高まり、絶頂にむかって一気に快感がのぼりつめます。射精の時間は、わずか数秒間足らず。さらに、1分もすれば興奮から冷め、賢者モードがやってきます。

それに対して、女性はゆっくりと時間をかけてオーガズムへと向かいます。オーガズムを一度も迎えることなく終わる人もいれば、1回のセックスで何度もオーガズムを迎える人もいて、人によってさまざまです。

このように、男女では、絶頂のメカニズムに大きな違いがあるため、どうしても「ズレ」が生じてしまうのです。

つまり、セックスでは「一緒にイケない」のが普通で、「一緒にイク」という現象の方が稀(まれ)ということ。だから、一緒にイケないからといって、セックスそのものの質が落ちるわけではありませんし、「自分に問題があるんじゃないか」と悩むことはありません。

 

◆バトンタッチ・オーガズムを楽しんで

セックスは、一緒にイクことにこだわるよりも、「絶頂の瞬間をバトンタッチすること」に意識をむけたほうが、より深い幸福感を味わうことができます。

セックスって、回数を重ねると、なんとなく「受け」と「攻め」が決まってきて、いつも奉仕側にまわっている人は、自分の快感に集中できなかったり、たまには受け身になりたいなぁと思ったりするもの。

その不満を解消するのが「バトンタッチ・オーガズム」です。やり方は、1回のセックスで「快感を与える側」と「受ける側」を入れ替えるだけ。

男性の場合は、一度、絶頂に達してしまうと、回復までに時間がかかるため、この技法を試すときは、先に女性が「快感を受ける側」にまわります。

このとき、女性は、自分でクリトリスに手を伸ばしたり、ピストン運動のスピードを調整したりしながら、「自分の快感」に集中します。

女性が満足をしたら、次は、男性が「快感を受ける側」になります。

このとき、女性は、言葉や愛撫で彼の気分を盛り上げたり、膣をキュッとしめたり、腰をくねらせたりして、彼の射精をサポートする役割を担います。

上記のように、役割をはっきり決めておくことで、不完全燃焼で終わることが減りますし、相手の絶頂をサポートできることにも喜びを見出すことができるでしょう。

2人で工夫をして、一緒に満足できるセックスを作り上げてみてくださいね。

誕生日と血液型でわかる、あなたのセックス傾向-今だけ初回無料!

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの架け橋」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

本格占いで気になるセックス運を診断してみてくださいね!