気持ちの良いピストン運動のコツ、知ってる?

whisper-408482_640挿入中に「奥までガンガン突かれていたい」「痛みで乾いてきちゃった」なんてことはありませんか。

そういう女性に話を聞いてみると「挿入中は彼が中心に動いて、自分は受身」というケースがほとんど。

男性主体のセックスをしていると、どうしてもピストン運動も一方通行になりがち。せっかくなら、女性から積極的におねだりをして、2人で気持ちよくなりたいですよね。

ここでは、気持ち良いピストン運動のコツについてお話をしていきます。

 

◆最初はスローペースで膣をほぐして

男性はペニスが勃起すると、心も体も興奮状態。「早く射精したい」という気持ちでいっぱいなので、挿入すると最初から激しく腰を動かしてしまいます。

このとき女性の膣が十分に濡れていなかったり、ほぐれていなかったりすると、痛みを感じることがあります。

挿入してから最初の数分はゆっくりとしたストロークで、ペニスで膣をほぐすのがコツ。「●●くんのおちんちん、すごく大きいから。最初はゆっくりして・・・」と伝えます。
 

◆挿入は浅めで、Gスポットを集中攻め

膣がほぐれてきたら、「気持ちよくなってきた!」と彼にOKサインを送ります。

いよいよ本格的なピストンが始まりますが、ここで注意したいのが「挿入の深さ」。

男性の中には、なぜか奥を突きたがる人がいますよね。たしかに子宮口の付近にある「ポルチオ」という性感帯が感じるという女性もいますが、いきなりココを集中的に攻められても痛いだけ。

膣の中で1番感じやすいのは、Gスポット。ここは膣に指を入れて3~5センチ付近のお腹側にあるといわれているので、浅めの挿入で十分。カリ首をひっかけるように、小刻みで出し入れをするのが感じるコツです。
 

◆あえぎ声でリズムを作ってあげる

ピストン運動は、浅めで軽快な動きが1番理想。指ピストンぐらいのテンポを、ペニスで再現するようなイメージです。

セックスの相性について「呼吸が合う」という表現をする人がいますが、それは挿入も同じ。男性の腰の動きと女性のあえぎ声が官能的なハーモニーを奏でるように、息がぴったり合えばより上質な快感が味わえるのです。

少し激しく動いてほしいときは、息遣いを荒くしたり。逆にペースをゆるめてほしいときは、フーっと息を長めに吐いてみたり。あえぎ声で彼にサインを送ってみるといいでしょう。

キスやクンニも気持ちいいけれど、やっぱり互いの性器が結合している時間は、興奮度もマックスになり、精神的にも満たされるもの。女性の方からうまくリードして、理想のピストンを発見してみてくださいね。

PINKYおすすめのセックス占い-初回無料体験-

ムラムラが止まらない…というあなた。今日のセックス運を占っていませんか?「恋愛の母」では、今話題の実力鑑定師が星座や血液型などの情報から、あなたのセックス運をずばり診断します。

今なら初回限定無料で、幸せなセックスライフを送るためのヒントがたっぷり詰まった「鑑定結果」がもれなく全員についてきます。

本格占いで気になるセックス運や相性を徹底的に占ってみてくださいね!