生理中のお泊まり。セックスお預けでもラブラブに過ごす方法

毎月の生理は、余分な血液や老廃物を体の外へ排出するデトックス。こんなときは、じぶんの体をいたわり、のんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。彼とのセックスも1週間だけお休みをして、他のことで愛を深めてみるといいでしょう。今回は、セックスお預けでも愛を冷まさないための方法をご紹介します。

生理中のセックスはおすすめしません

『生理中のセックス、みんなどうしてる?』という記事でも書いたとおり、生理中の女性の体はとてもデリケートなので、セックスには向いていません。

免疫力が落ちているため、激しいピストン運動で雑菌が体内に入り、膣炎や子宮内腹症にかかったり、避妊をおろそかにして「うっかり妊娠」ということもあります。将来、健康に妊娠できるように「セーフセックス」を守ることも愛情です。

セクシーマッサージで愛を深めよう

とはいえ、セックスができないからといって、スキンシップが極端に減ってしまうのも悲しいもの。しぜんな形でお互いの体に優しく触れられるように、生理中は「寝る前のセクシーマッサージ」で愛を深めてみるといいかもしれません。

彼にベッドにうつぶせになってもらい、腰や背中をもみほぐしてみましょう。そのまま腕から手の先まで、上半身を軽くもみほぐしたら、彼の足元へ移動して、足首から太ももにかけてマッサージをします。

後半戦は、内太ももからお尻、睾丸の周辺を指先でセクシーにタッチしましょう。秒速5cmほどのスピードで、ゆっくりと彼を誘うように動かして。

マッサージで肌の触れ合いをもつと、「オキシトシン」という愛情ホルモンが分泌され、セックスと似たような幸福感をもたらします。心身もリラックスして、愛情が伝わることでしょう。

挿入なしでも満足できる「スキンシップ」を工夫して

マッサージをしているあいだに、「もっと満足させたい」という気持ちが強くなったら、彼に仰向けになってもらい、口や手で射精に導いてあげて。

そのあとも体の火照りがとれない場合は、彼の横でマスターベーションをするといいでしょう。生理中なので膣の中に指は入れずに、下着のなかに手をいれてクリトリスを刺激します。

彼には首筋や胸にキスをしてもらったり、頭をなでてもらったりすると、いつもとは違った興奮が味わえるはず。そのまま絶頂に達すれば、挿入という行為がなくても、「性欲」と「愛」の両方を満たすことができるのです。

痛みを感じたり、気乗りしない場合、生理中のセックスは避けたほうがいいでしょう。いつもより穏やかに過ごし方で、彼との愛を深める工夫をしてみてくださいね。

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向-今だけ初回無料-

ムラムラした気分が止まらない…というあなた。今日のセックス運を占っていませんか?

「恋と運命の真実」では、今話題の実力鑑定師が星座や血液型などの情報から、あなたのセックス運をずばり診断します。今回は特別に幸せなセックスライフを送るためのヒントがたっぷり詰まった「2000文字の鑑定結果」がもれなく全員についてきます。

本格占いで気になるセックス運や相性を徹底的に占ってみてくださいね!