低用量ピルの服用をやめたら、性欲が強くなったお話。

かれこれ低用量ピルを服用して7年になります。はじめは「コンドームの避妊では不安」という理由から飲みはじめたのですが、「生理が早く終わる」「生理痛が軽くなる」などの快適さからすっかりピルが手放せなくなっていきました。

が、去年結婚したことをきっかけに、「自然な流れでおめでたというのもアリかも!」とおもい、服用をやめてみることにしたのです。

そもそも低用量ピルって?

誤解している方も多いので、まずは低用量ピルの基礎知識をまとめておきますね。

低用量ピルは、もともと女性自身が妊娠や月経を自由にコントロールできるように作られたお薬のこと。中身はエストロゲンとプロゲステロンというふたつのホルモンがバランスよく含まれていて、毎日一錠を服用することで排卵をお休みする作用があります。

排卵を止めるというと、「不妊症になりやすいのでは?」「将来ちゃんと赤ちゃんはできるの?」などという女性もいますが、ご心配なく。ピルの服用をやめれば、その月から排卵は再開してくれます。

またピルにはいくつかの種類があり、「モーニングアフターピル」とはまったく別物です。

モーニングアフターピルは、別名「緊急避妊薬」とも呼ばれているように、セックス時に避妊に失敗してしまった場合に女性が使用する薬のこと。吐き気や嘔吐などの副作用を伴うことでも知られていますね。

低用量ピルはコンドームよりも高い避妊効果があり、男性に頼らずに自分の体を守ることができます。さらに排卵を抑制することで、子宮内膜症など婦人科系の病気予防にも効果があり、PMSや生理痛などの症状も軽くなったという人も多いです。

低用量ピルは、現代女性がイキイキと生活するためのサプリのようなもの。「ピルを飲んでいる」というと「ヤリマンなの?」「病気なの?」みたいな誤解をされがちなのですが、そんな声にいちいち耳を傾けることはありません。

残念ながら日本では保険がきかないので、お値段は少し高め。病院によって異なりますが、1シート2000~3000円が相場です。

毎月の出費と考えるとちょっと負担が増える気がしますが、うっかり妊娠して中絶…!となると、費用は何十倍もかかりますからね。自分の体を傷つけることにもなりますし。避妊はふたりの問題なので、彼と相談して割り勘にするのもアリだと思います。

排卵日に高まる性欲に彼もビックリ!

前置きが長くなりましたが、ここからは私の体験談です。

ピルの服用をやめたのは、去年の10月末頃です。私の生理周期は28日~30日ぐらいなので、これまでに3回生理がきています。

ルナルナで生理日予測のカレンダーをつけているので、なんとなーく今自分がどこの周期にいるのかは把握しています。そのカレンダーが示す“排卵日”(生理が始まってから10日~14日前後)になると、異様にムラムラしてきたのです。ほんと自分でも驚くぐらい!こんなに性欲を感じたのは、何年振りだろう……と思いました。

私はいつも夕方には仕事を切り上げて、夕食の支度をしたり、犬の世話をしたりして過ごしています。彼が帰宅するのが22時~23時前後なので、家事がひと通りおわってからも2時間ぐらいフリータイムがあるんですね。

すでにそのときにはアソコがうずくような感覚があったので、2回ひとりで処理をしました。彼が帰宅して一緒に夕飯をたべて、お風呂にはいり、ベッドへ。平日にセックスをすることはあまりないので、おとなしく寝る感じかな~と思っていたら、ギンギラギンでネムレナイ!!

結局すやすやと眠っている彼のおちんちんにご挨拶をして、盛りついてしまいましたよ。その日からなんと3日連続!

私はオナニーやオーガズムの欲求はものすごく強いのですが、それほど挿入への関心が高くありません。そのことを彼も知っているので、挿入ありのセックスは月に1、2回しかしないんです。(私をイカせるだけのセックスは週2~3回していますが…)

だから彼も「どうしたの?」とビックリしていました。感じているからいつもより濡れやすくて…。なんか「つながりたい!」「ナカを刺激したい!」みたいな欲求が高まったんですよね~。

低用量ピルと性欲の関係

これって医学的にみても根拠のあることだと思うんです。よく女性の性欲って生理周期が関係しているって言われるじゃないですか。

とくに性欲が強くなる時期は「排卵前後」と「生理前」のふたつ。排卵日が近くなるとエストロゲンの分泌量が増えて、心身ともに前向きになり自分に自信を持てるようになるから、セックスにも積極的になりやすいそう。

一方、生理前になるとエストロゲンの分泌量がぐんと減って、プロゲステロンというホルモンが相対的に増えるため、情緒不安定になりやすく、お酒に酔った勢いで「エイ!」みたいなのが起こりやすいそうです。う~ん、どちらもわかる気がする!!

それでここから注目ポイントなのですが、低用量ピルを飲むとこのふたつのホルモンの波が非常にゆるやかになるということ。つまり、イライラしたり落ち込んだり…といった感情の起伏もおだやかになる分、性欲を感じにくくなるんじゃないかな…なんて分析をしています。

あくまでも私個人の体験なので、人によって差はあると思いますが。興味深い体験だったので、共有してみました~。

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの扉」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

さあ自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみてましょう!