オーガズムレッスン第3弾「Gスポットを探してみよう」

Freedigitalphotos.net

前回のレッスンで、クリトリスに関して、とても詳しくなりましたね。ここからは、いよいよ膣の中に指を入れて、魅惑の性感帯と触れ合う時間です。

クリトリスを直接刺激して得るオーガズムも素敵だけど、女性の体には、他にもいろんな性感帯があることに気づくことができれば、もっとセックスの時間が豊かなものになるはず。早速、自分の手で、その場所を確かめてみましょう。

3rd STEP「Gスポットを探り当てる」

膣の中に指を入れる前に、爪を短く整え、手を石鹸できれいに洗っておきましょう。落ち着いてGスポットを触れるように、トイレも済ませておきます。

1.仰向けに横たわる

全身の力を抜いて、深呼吸をする。中指を膣の中に入れる。Gスポットは、膣の中の上側(指の腹にあたる部分)にあります。指を少し曲げて、上の壁を這うようにして、指を挿入します。すると、少しざらっとしたヒダのようなところがみつかるはず。そこがGスポットです。

2.Gスポットを刺激する

指の腹でGスポットを前後や左右に優しくなでる。少し強めに押したほうが気持ちいいという人もいます。怖がらずに、マッサージをする気分で、自分の好きな刺激を探してみてください。

3.膣の奥にも触れてみる

膣の奥に指を入れると、子宮頚管という固いこぶのような部分にぶつかるはず。そこを軽く指で押してみましょう。ここをペニスで突かれると痛みを感じる女性もいますが、自分の指で力を調整すれば、じわーんと快感が走るはず。

4.クリトリスも一緒に刺激してみる

指をGスポットに戻す。しばらく触っていても、いまいちオーガズムの波が感じられない場合には、もう片方の手でクリトリスを同時に刺激してみましょう。Gスポットの正体は、クリトリスの脚と言われているため、一緒に触れることで、快感が目覚めやすくなるはず。

初めのうちは、Gスポットの場所が明確に突き止められなくても、心配することはありません。クリトリスと比べて、Gスポットではオーガズムを感じられない女性も大勢いるので、時間をかけて少しずつ感じる体を作っていきましょう。