挿入中に女性からできる「基本テクニック」をおさらいしてみよう!

スローセックスが支持を集めるなか、最近は「前戯」に重きを置く考え方も増えています。しかしながら、やはり挿入は2人の体が結合し、最もパートナーの愛を感じる瞬間ですから、セックスにおける重要度は高いと考える人は多いでしょう。

ここでは、「挿入中の基本テクニック」をご紹介します。受け身になりがちな人でも、気軽に試しやすいものを集めてみました。さっそく今晩から使って、彼の心と体を満足させちゃいましょう!

コンドームをつけてあげる

これは挿入前に女性からしてあげられること。コンドームは女性からつけてあげると喜ぶ男性は多いはず。

いつもなんとなーく気まずいと思っていた「沈黙の時間」も、2人で協力してつけることで、挿入前のお楽しみに変わりそうですよね。

コンドームを着けるタイミングは、彼のペニスが勃起してからがベスト。着け方も事前に確認をして、妊娠や感染症を防いでください。

しばらく動かさない

挿入が始まるとすぐに腰を振りたがるのが男の性。ですが、挿入直後の激しいピストン運動は、痛みの原因になります。

ペニスを挿入したら、少しの間だけ、抱き合ったままお互いのぬくもりを感じる時間を持つのも、女性側から提案できるテクニックの1つです。

「しばらくじっとしててほしいなぁ。このままが気持ちいいの」と甘い声でおねだりをしてみましょう。焦らしの効果で、そのあとの時間はいつもよりアツく燃え上がるはず!

膣を締めてみる

ミミズ千匹、巾着、カズノコ天井。いわゆる名器を表す言葉はたくさんありますが、彼を虜にする名器って、誰でも作れることをご存知でしょうか。

その方法はとても簡単。お尻の穴を締めるだけ。お尻に力を入れると、その上にある膣もきゅっと締まりが良くなります。

オナニーをするとき、膣に指を1本挿入して確かめてみるといいでしょう。膣壁が指に吸い付くような感覚があれば大成功!

セックスのときも、意識をして膣を締めるようにすると、ペニスのフィット感が増して、気持ちよさもUpするはずです。

自分から動いてみる

挿入後はいつも彼任せ。マグロになりがちな女性は、ぜひ自分から動いてみましょう。体の角度を変えたり、腰を動かしたりして、感じ方が変わってくるはず。

膣の中にはGスポットやポルチオなど、敏感な性感帯がたくさんあります。まだ開発できていない人は、大好きな彼のペニスを性感帯にこすり付けるイメージを思い浮かべて、2人だけのホットスポットを探してみてください。

強く抱きしめる

最後は女性らしく、かわいらしく甘えてみましょう。正常位の状態で、彼の背中に手を回し、脚を絡ませれば、一体感を強く感じられるはず。

「だいすき」「すっごくきもちいい」など、口にしてみるのも可愛いですね。

普段は恥ずかしくて言えないようなことも、ベッドの上ではおもわず発してしまった素振りで、素直な気持ちを表現してみるのもいいかもしれません。

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの扉」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

さあ自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみてましょう!