我慢することない!毎月やってくるつら~い生理痛を楽にする方法

HIRA85_gussurineteiruosuneko500

HIRA85_gussurineteiruosuneko500生理痛の痛みは、ほとんど気にならないという人から、日常生活に支障が出るケースまで個人差が大きいものです。

毎月、痛みがひどく、寝込むほどひどいなら、婦人科系の病気が隠れている可能性がありますが、冷えやストレスが影響していることも。その場合は、生理中の過ごし方を少し見直すだけでも、症状を軽くすることができます。

 

◆お風呂でリラックス

生理の時、お風呂はタブーと思っている方もいるかと思いますが、清潔なお湯に入る分にはありません。お風呂は血行を促進してくれるだけでなく、リラックス効果もあるので、生理前や生理中にイライラしてしまうという人には特におすすめです。

20~30分程度、湯船でマッサージをしながら、じっくり体を芯から温めるといいでしょう。お風呂に浸かるのがどうしてもつらい場合は、足湯だけでもOK。また、お風呂あがりに体が冷えないように、洗面所や部屋を温かくしておくことも忘れずに。

 

◆蒸しタオルで患部を温める

痛みのある部分を蒸しタオルで温めると、血流が良くなり痛みが軽減します。

外出するときは腰にカイロを貼って出かけたり、温かい飲み物の入ったペットボトルを買って、おへそ周りに円を描くように当てるだけでもラクになるはず。

 

◆体を温める食材を摂る

生野菜や冷たい飲み物は、体を冷やすため、生理痛の悪化につながります。生理の時だけでなく、普段から体を温める食材(ニンニク、生姜、お肉、ナッツ)などを積極的に摂るようにして、バランスのとれた食事を心がけましょう。

また、コーヒーなどに含まれるカフェインは内臓を冷やし、血流が悪くなります。ハーブティやプーアル茶など、カフェインの入っていない温かいお茶を飲むようにしましょう。

 

◆甘いものは控えめに

生理中はだるさやストレスから、ついついケーキやチョコレートに手が伸びてしまいがちですが、甘いものをとりすぎると、ビタミンやミネラルが奪われて、かえって体を疲れさせます。

黒砂糖やドライフルーツを持ち歩き、食欲も上手にコントロールしましょう。

 

◆最新記事のお知らせはTwitterフォローが便利です。毎朝7時に更新中!