生野菜は体を冷やす?!女性に優しい「野菜の上手な摂り方」

a-bowl-of-salad-1400839-m新鮮な野菜サラダといえば、健康にいいという印象を持つ人もいるでしょう。

たしかに野菜不足になりがちな現代人にとって、積極的にサラダを食べるのはいい習慣ですが、野菜には食べ方に注意が必要です。

 

◆生野菜は体を冷やす?!

東洋医学には、陰陽論という考え方があり、いろんなものを「陽性」と「陰性」の二つに大別をします。例えば、男性は陽、女性は陰、太陽は陽、月は陰、夏は陽、冬は陰などで、そのバランスで成り立っていると考えます。これは食事でも同じで、陽と陰の食材をバランスよく摂ることが健康の秘訣なのです。

野菜には陰性のものが多く、特にサラダで使われる葉物は、体内の熱を下げる性質を持つので、夏の暑い時期には恵みの食材となりますが、冬には不向きです。特に陰性の女性は、もともと体が冷えやすいため、陰の食材を摂り過ぎてしまうと、体内のバランスを崩してしまいます。

そのため、できれば野菜は熱を通して食べるなど、性質を変えて食べるように工夫をしたほうがいいでしょう。

 

◆野菜を食べるときのポイント

続いて、野菜の上手な食べ方についてお話します。

1.熱を加える
煮る、炊く、蒸す、ゆでるなど、どんな方法でも構いません。また熱を加えることで、一度に多くの量を摂取することができます。この時期は、鍋がおすすめですね。

2.塩を加える
塩は体を温める性質が高いといわれています。どうしても生野菜が食べたくなったら、ドレッシングではなく、塩を加えましょう。そうすることで、生野菜のシャキシャキ感を味わいながら、美味しく野菜を摂取することができます。

3.発酵食品と一緒に
代表的な発酵食材といえば「お漬物」ですね。漬物にすると野菜の性質は変わります。塩をかけるのと同じように、生野菜に味噌や娼婦などの発酵食品をかけて食べるようにすると、バランスが取れて、体にも優しいでしょう。

 

◆果物はどう食べたらいい?

果物は、生野菜と同様に体を冷やす働きがあるため、体調や時期にあわせて適度に摂るようにしましょう。夜はなるべく避け、午前中のうちに食べることをおすすめします。

ただし、すべての果物がNGというわけではありません。たとえば、風邪を引いたときに食べるといいといわれる「リンゴ」は、胃にやさしく、体を温める作用があります。ちなみに、リンゴに含まれる「ボロン」には、女性ホルモンの分泌の調整作用があるといわれ、抗酸化作用もあるポリフェノールも豊富なので、女性なら積極的に摂っていきたい食材のひとつです。

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向-無料体験情報-

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「神言鑑定」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

さあ自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみましょう!