濡れやすい体を作るために大切なこと

file5181299641659「挿入時の痛みがつらくて、快感をたのしむどころじゃない」と悩む女性の声をよく聞きます。

なかには「付き合っていた彼氏に『お前の穴、小さいんだよ。なかなか濡れないけど、なんで?』と言われたことがトラウマになり、セックスに苦手意識がある」(20歳/大学生)と話す女性も。

好きな人にこんな言葉をいわれたら、「自分の体が異常なのかもしれない」とコンプレックスに感じてしまいますよね。そこで今回はそんな女性のお悩みを解決する、濡れやすい体作りのポイントをお教えします。

 

◆性交時の痛みは「前戯不足」が原因

セックス経験の浅い女性が抱える「挿入がいたい」という悩みは、たいてい男性側の愛撫や前戯が不足していることが原因です。

女医の宋美玄先生も著書『幸せな恋愛のためのSEXノート』のなかで、「男女の性欲スイッチの入り方」について次のように説明しています。

「女性のオーガズムは、男性の射精とはまったく違います。男性の場合は、性的に興奮していなくても物理的な刺激を加えただけで勃起し、その後性欲にスイッチが入ることもありますが、これは女性の場合、基本的には不可能です。つまり、いきなりバイブを押し当てられたり、ムリにペニスを挿入されてピストン運動をされても、「物理的な刺激で濡れて、だんだん興奮し始める」ということは、まずありません」

いきなり服を脱がせて、ピストン運動をしようとする「手抜き男子」には、女子のほうから素直な気持ちを打ち明けてみましょう。

 

◆やんわり「まだ早い」と伝えよう

「まだ濡れてないの。痛いからいやだ」と事実をそのまま伝えてしまうと、彼は自信を喪失してしまいます。

「あまり慣れてなくて、緊張するの。すこし後ろからぎゅっと抱きしめてほしい」「ひさしぶりだから、今日はゆっくりしたいな」と、彼を不安にさせないように伝え方を工夫してみるといいでしょう。

それでも乱暴なセックスをしてくる男とは、寝なくてヨシ。若くて経験の浅い男性ほど、「入れたがり、出したがり」です。そんな彼には、あなたがすこしお姉さんになって「まだお預けよ」と伝えて、ペースメーカーになるようにしましょう。

参考文献:宋美玄『幸せな恋愛のためのSEXノート』ポプラ社

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの扉」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

さあ自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみてましょう!