手コキのお作法:彼の下半身を鷲掴みにするリズム感、握り方は…?

女性から男性への“愛の奉仕”といえば、フェラチオが有名ですが、実は、手コキも隅におけない存在であることをご存知でしょうか。

手コキのテクニックを磨いておけば、フェラでアゴが疲れた時にも、彼の期待感を低下させずに、スムーズに休憩をとることができます。

オーラルセックスに自信がない女性は、まず「気持ちのいい手コキのポイント」を学んで、実践してみましょう。

緩急をつける(リズム感)

気持ちのいい手コキの条件として外せないのが「リズム感」です。勃起していない状態から始めるときは、やさしくソフトなタッチで。亀頭や裏筋など敏感なポイントを攻めましょう。

彼のペニスが硬くなってきたら、動きに緩急をつけて。同じテンポで上下運動を続けていると、男性は刺激に飽きて、快感を得にくくなってしまいます。たまに亀頭やカリ首のあたりを舌で舐めまわし、彼が悶える姿を眺めるのも楽しいはず。

尿道からガマン汁が出て、フィニッシュに近づいてきたら、一定のリズムを保つのがポイント。

握り方(強さ)

次に大切なのが「握るときの強さ」です。

手コキのときは、ペニスの硬さを感じるぐらいの握力で、少し強めに握るのがポイント。握り方によっても、快感が変わってくるので、いろんなバリエーションを試してみるといいでしょう。

以下、代表的なものをいくつかご紹介します。

1.スタンダード握り(棒を握るように、指5本でペニスをしっかり握り、上下運動を繰り返す)
2.逆手握り(女性の親指がペニスの根本にくるように逆手で握り、上下にしごく)
3.ドアノブ握り(手のひら全体でカリを包み込み、上下左右に動かす)
4.両手しごき(両手でペニスを握り、上下にしごく)
5.指リング(親指と人差し指で「輪」をつくり、カリの部分を重点的にしごく)

手コキと組み合わせるとさらに感じるプレイ

手コキをするときは、他のプレイと組み合わせたほうが、より男性を快感の渦に飲み込むことができます。ディープキスをしながら、お互いの性器を触りながら、フェラや乳首への愛撫をしながら……。

いろんなシチュエーションを試して、彼の好みを探ってみましょう。

手は、お口や舌よりも、繊細な動きができる分、より確実に男性を満足させることができます。「どうやったらいいのか、よくわからない……」と不安にならずに、気軽に試してみてくださいね。

血液型と誕生日で丸わかり!あなたのセックス傾向 -初回限定無料-

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「もっと輝きたい貴女のために」では、血液型や誕生日などからセックスの傾向や性癖を見極めます。自分では気付かない「潜在的な官能のツボ」や「セックスの好み」をプロの鑑定師がズバリ診断します。

初回無料でセックス傾向を詳しくチェックしてみてくださいね。