男性をとろけさせる!気持ちのいい手コキのやり方

Freedigitalphotos.net
Freedigitalphotos.net

Freedigitalphotos.net

手を使って性器を触り、性的快感を得ることを「手コキ」といいます。

男性にとってペニスは1番の性感帯。フェラチオが苦手という方は、手コキのバリエーションを増やして、彼にしてあげると愛情が伝わるはず。

今回は、男性をとろけさせる「気持ちのいい手コキのやり方」をご紹介します。

 

◆ペニスの3大性感帯は、「亀頭・カリ首・裏筋」

男性は小さい頃から自分の手でオナニーをしているので、手コキで満足させたい時は、男性に普段やっている方法を聞いてしまうのが一番近道。「どうしたらいい?」と素直に聞くと、自分好みのやり方を教えてくれるはず。

手コキはキスをしたり、耳や乳首を攻めながら行うのが一般的ですが、両手で挟むようにしてペニスをしごくのも、丁寧な感じが伝わるのでおすすめです。

手で触るときに意識をすべきポイントは、「亀頭・カリ首・裏筋」の三箇所。

亀頭は女性のクリトリスにあたる部分で、とても敏感に反応します。日本人男性の7割は、何らかの形で皮をかぶっているので、愛撫をするときは皮をむいて、もう一方の手で皮がずり上がってこないように根元を押さえておくといいでしょう。

手を上下させながら、カウパー腺やローションを亀頭に塗りつけるようにして指で撫でるのもGOOD!

カリ首は、亀頭と陰茎の段差部分のこと。この段差にひっかけるようにしたり、軽くつまんだりするのも感じやすいです。

裏筋は、女性器の小陰唇にあたる部分。陰茎の中でも特に敏感な場所です。亀頭側、根元側など感じる部分は人によって違うので、直接聞いてみるといいでしょう。

睾丸を優しくタッチしながら、裏筋から亀頭まで一気に撫でるやり方もあります。いろんなバリエーションを組み合わせて、彼のお気に入りを探ってみてくださいね。

 

◆上目遣いでかわいらしく

手コキをするときは、相手に見られていることを忘れずに。集中しているフリをして、さりげなく胸の谷間がみえるような姿勢をとったり、お尻をきゅっと突き上げてみたり、視覚的な刺激を加えるといいでしょう。

ペニスを握りながら、たまに上目遣いで「このぐらいでいい?」と可愛くたずねると、男心をくすぐることができます。

 

<まとめ>

男性は自分のペニスのことを「息子」と表現するように、小さい頃から触ったり、見たりしているものなので、自分のペニスにとても愛着があります。

だから自分のペニスを愛してくれる女性に出会うと、受け入れられた気分になり、よりその女性のことを大切にしようと思うのです。

彼のペニスを愛することは、彼自身を愛することと同じ。手コキ技術を磨いて、彼の下半身と心を満たすセックスを届けてあげてくださいね。