日本人の7割が皮かぶり?意外と知られていない「男の包茎」3タイプ

brothers-179375_640

brothers-179375_640ペニスの長さや太さを気にしている男性は多いことはご存知ですよね。短小くんやひょろ長くんとご対面したとき、「うわ、これは気の毒」と思っても、やさしさから本音を隠したことのある女性もいるはず。

しかしながら、男性がペニスに対して抱くコンプレックスは、それだけに留まりません。今回のテーマは、意外と悩んでいる人が多い「包茎」のお話です。

 

仮性包茎

ペニスは皮がむけて亀頭がむき出しになっているのがデフォルトと思っていませんか。

日本人の場合、通常時は亀頭が皮で覆われていて、勃起時につるっとむける状態の人がほとんど。このペニスを「仮性包茎」と呼びます。一説によれば、約7割の男性がこのタイプに当てはまるといわれています。

しかし実際にどのぐらいの人が仮性包茎なのかという数値はまちまちで、結局のところ正確なデータはありません。

仮性包茎は、包皮に垢がたまりやすく、きれいに洗わないと臭いの原因になることがあります。お風呂に入ったときなどに、皮をしっかりむいて、指の腹で丁寧に洗い、清潔な状態を心がけましょう。

 

カントン包茎

続いて、仮性包茎と勘違いされやすいのが、カントン包茎です。このペニスは、通常時は皮をかぶっており、勃起時は自然にむけることはなく、手で包皮をむくのが一般的。

カントン包茎の注意点は、包皮口が狭いこと。勃起時にペニスを包皮で締め付ける形になるため、ペニスがうっ血し、最悪の場合、亀頭が壊死することもあるそうです。

なかなか女性が気づくのは難しいかもしれませんが、「彼がセックスしても挿入したがらない」「ペニスをみせたがらない」などの場合は、ペニスになんらかの問題を抱えていると疑ってみるといいかも。

カントン包茎は自分で治すことができないので、必ず専門医に相談をしましょう。

 

真性包茎

通常時も勃起時も、まったく包皮がむけない状態を「真性包茎」といいます。

皮がむけない理由は、①包皮口が狭いから、②亀頭と包皮が癒着しているから。

完全に皮をむくことができないため、垢がたまりやすく、挿入時に痛みをともなうことも。

真性包茎は日本人男性の1~2%程度といわれています。自分で無理にむこうとするとケガの原因となるため、専門医に相談が必要です。

 

仮性包茎はノーマル

これまで日本では包茎に対して、誤った認識が広まってきました。

実は筆者も昔付き合っていた彼が「仮性包茎」で、そのことを友達に相談すると、「包茎って臭くない?病気になるから手術したほうがいいよ」といわれたことがあります。

これは上記を読めば、単なる思い込みに過ぎないことがわかりますね。

むしろ日本人男性に多い「仮性包茎」はノーマルな状態。「クサイ、汚ない」というのは、彼に失礼です!

満足のいくセックスを楽しみたいなら、まずは男性の体を把握することが大切ですね。