男性の性欲が強くなる季節とは?

couple-498484_640

couple-498484_640出会いの季節「春」。ひと夏の恋・・・。冬の足音が聞こえてきて、なんだか人恋しい・・・。

結局、男と女って、一年中発情期。季節を問わずにイチャイチャしてたいんじゃん!と思ってしまいます。

とはいえ、いつでも性欲旺盛かというと決してそうではありません。男性の場合「季節」、女性の場合「月経周期」が性欲の強さを左右しているようです。

 

◆男性の性欲が高くなるのは秋~冬

男性の性欲が最も強くなるのは、秋~冬。その理由は、性欲をつかさどる「テストステロン」というホルモンが関係しています。

テストステロンの分泌には、季節変動があり、日本では、10月にピークを迎えます。テストステロン値が高くなると、精子も大量に作られるため、結果としてムラムラするわけです。

逆に性欲が低くなるのは、3月。ピークの10月と比べると、25%も差があるそうです。
 

◆冬の精子は健康で元気!

続いて、精子の質に注目してみましょう。

1年の中で男性の精子が一番活発になるのは、冬です。冬の精子は、健康で運動量も高いため、妊娠する確率も高まるといわれています。

実際に、日本の月別出生数が最も多いのは、9月。逆算すると、男性のコンディションが抜群な11月にセックスをしていることになりますね。

精子は熱に弱いのが特徴です。そのため、気温が高くなる春から夏にかけては、パンツの中もムレやすくなり、精子も元気がなくなるということ。

では、睾丸を冷やせば性欲は強くなる?といわれると、答えはイエスです。

古代ローマに起源を発するとされる「金冷法」は、今でも精力増強の方法として有名ですが、精子の性質から考えると、なかなか理にかなった方法といえそうです。
 

◆女性の性欲は「生理周期」

性欲の強さには「テストステロン」が関係すると書きましたが、女性の場合は・・・?

女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌していますが、血中テストステロン値で比べると、男性の5~10%。そのため、男性と比べて季節はさほど性欲に影響しないと考えられます。

女性の性欲には、エストロゲンとプロゲステロンという卵巣から分泌される2つの女性ホルモンが関係しています。医学的には、最も性欲が強くなるのは、生理を終えてから12~14日目、つまり排卵前の3日間。

ちょうど今の季節は、男性の性欲がピークを迎えています。女性は自分の生理周期や体調にあわせて、気になる男性にアプローチをかけていきたいところですね。