やりすぎ注意?デートで使える「発情エロワード」7選

SAYA151005270I9A83772_TP_V

夏の暑さは女の性欲を掻き立てるもの。「今夜はひとりで帰りたくない」「このままホテルに連れていってほしい」と思ったら、男のやる気スイッチを刺激する、発情エロワードを始動しましょう。

デートや合コン、オフィスで…。気になる彼にお持ち帰りしてもらえること間違いなし(?)のエロワードを厳選してみました。

エロワード1「ハァハァ…」

使用例:彼との待ち合わせに少し遅れて到着。待ち合わせ場所に彼の姿をみかけたら、子犬のように無邪気な笑顔で駆け寄りましょう。「たくさん走ったから息が苦しい~」といいながら、「ハァハァ(*´Д`)ハァハァ」と吐息を漏らし、男性にベッドシーンを妄想させます。

エロワード2「もお~やだ~!」

使用例:彼の冗談には「もぉ~やだ~!」といってボディタッチ。触る場所は、二の腕や肩。さらに距離を縮めるなら太ももを狙います。本気でたたくのではなく、ポンと優しく触りましょう。
SAYA160312110I9A3798-thumb-autox1600-22018

男性は「いや」という言葉が好きです。「いやよいやよも好きのうち」という言葉のように、男性は女性に「いや」といわれると、口先では嫌がっていても実は自分に好意を抱いていると解釈するのです。好きな人には笑顔で「もぉ~やだ~!」をどんどん使っていきましょう。

エロワード3「んん~っ、疲れた」

使用例:デートでたくさん歩いたあとに、カフェに入って座ったとき。ソファの背もたれを利用しながら、思いっきり伸びをして「んん~っ。今日は疲れたね」と一言。ポイントは「んん~っ」と鼻歌のような声。地声よりもワントーン高めに出して、女性らしいセクシーさを演出しましょう。

エロワード4「気持ちいい~ぃ」

OMG151018420I9A2445_TP_V

使用例:肩凝りや腰痛を理由にマッサージをおねだり。(外にいるときは、ハンドマッサージでも可。)お気に入りのツボをみつけたら、「あぁっ…そこ、すっごく気持ちいい~ぃ」。エロい声を出したいときは、膣にキュッと力をいれ、緩めながら「あぁっ…」と声を漏らしていきます。

エロワード5「硬い」

BIS151026143926_TP_V

使用例:ビールのお供といえは、するめやビーフジャーキー。家飲みでは積極的にチョイスしていきたいですね。お口にいれたら「かたぁ~い!」といってムシャムシャ。ペロペロ。まるで彼のペニスを頬張るように、美味しそうにいただきます。

筋肉質の彼には、二の腕や太ももを触りながら「すごいトレーニングしてるんだね~かたぁ~い!」といっても◎。

エロワード6「はじめて」

SAYA151005270I9A83772_TP_V

使用例:「こんなの初めて」はベッドの中で男を喜ばせる鉄板ワードですが、実はセックス以外のシーンでも有効活用することができます。

贈り物をもらったら「こんなうれしいの、はじめて」。デートの帰りには「こんなに楽しいデート、はじめて」。レストランに行ったら「こんなにおいしいお料理、はじめて」と目を輝かせて感動しましょう。男性が頑張ってくれたときに使うと、効果的です。

エロワード7「あつくなってきちゃった…」

使用例:食事中にお酒を飲んでいて体が火照ってきたら、「なんだかあつくなってきちゃった…」といって羽織っていたカーディガンを脱ぎます。洋服を脱ぐという行為は、セックスを連想させます。

さらに隠れていた二の腕や肩が露出することで、男性の視線は一気にあなたの上半身へクギづけに。暑い日でもあえてワンピースの上に一枚羽織るものを持参して、積極的に脱いでいきましょうね。

今回は男性をエッチな気分にする「発情エロワード」を7つご紹介しました。その気のない人につかうと、あとで大変なことになるかも(?)。ビッチな気分の日に、気になる彼に狙いを定めてフル活用してみてくださいね。