臭いほどクセになる?!パートナーの体臭に興奮する女性が多いわけ

暖かい日が増えてくると気になるのが「汗のにおい」。自分の体臭が気になると、男性との接近戦にも臆病になってしまいますよね。

本来、悩みの種となる「体臭」ですが、実は異性を惹きつけるフェロモンの役割を果たしてくれることもあります。

今回は、においフェチの女性に「恋人の好きな体臭」について調査。臭いほどクセになる「においの正体」に迫ってみました。

つい嗅いでしまう「恋人の体臭」あるある

まずは、臭いとわかっていてもつい嗅いでしまう「恋人の体臭」について女性たちに聞いてみました。

・「ほのかに漂うワキ汗のにおい。ハグされるとつい鼻をヒクヒク動かして癒される」
・「加齢臭なのかもしれないけど、年上の彼の耳の後ろのにおいを嗅ぐのが好き。エッチが終わって適度に汗をかいた後のにおいは最高」
・「特定のパーツではないけど、汗のにおいが染みた枕。ツーンとして臭いけど嗅げば嗅ぐほど愛おしくなる」
・「ずばりアソコ。暑い日にパンツの中で「熟成されたにおい」はたまらない。睾丸の裏やペニスの皮のあたりを舐め回すように嗅いじゃう」

いずれも強烈なにおいを発するパーツばかり。たとえそれが加齢臭であっても、愛するパートナーのにおいなら愛おしく感じてしまうようです。

においと相性の関係

どうして女性は、好きな人の「汗のにおい」を心地よい・いい香りと感じるのでしょうか。

その理由は、「HLA」という恋愛遺伝子が関係しています。HLA(Human Leucocte Antige、ヒト白血球抗原)とは、白血球の型のこと。実は女性には、男性の汗のにおいで「HLA遺伝子」を嗅ぎ分ける特殊な能力が備わっています。

女性は健康な遺伝子を残すために、自分の遺伝子とは遠い遺伝子を持った異性の体臭を「いいにおい」と感じ、父親や親戚など近い遺伝子を持った異性の体臭を「嫌なにおい」と感じるそうです。いわばHLA遺伝子は「運命の赤い糸」を見極める判断材料のようなもの。

よく「キスをすれば体の相性がわかる」と言われますが、その理由も異性の「におい」で無意識のうちに自分にあう遺伝子を探っているせいなのかもしれませんね。

良い恋愛を続けるなら「お金」や「ルックス」だけではなく、「においの相性」に注目してみてはいかがでしょうか。

においスキンシップを楽しんでみては

においフェチの女性のなかには「恥ずかしくて彼には言えないのでこっそり嗅いでいる」という回答も寄せられました。しかしパートナーのにおいを「心地よい」と感じるのは、遺伝子レベルでふたりの相性の良さを表しているもの。それは彼にとっても喜ばしい事実のはず。

たまにはお互いの体臭を嗅ぎ合うスキンシップで、相性を確かめ合ってみましょう。今よりも彼と愛が深まるきっかけにつながるかもしれません。

誕生日と血液型でわかる、あなたのセックス傾向-今だけ初回無料!

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの架け橋」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

本格占いで気になるセックス運を診断してみてくださいね!