アレが大きい女性ほど、ビッチ率があがることが判明!

monkyphoto

以前、ブログで「背の低い女性ほどヤリマンが多い」と書いたことがあります。

ある整体師によると、やせ形で背の低い女性というのは、骨盤のエネルギーが中心に集まっていく性質があるため、身長があまり伸びないのだそうです。さらに骨盤に集まったエネルギーは性欲に向けられるため、結果として、ビッチ道を歩むことになるのだとか。

この話を聞いた時、すぐに思い浮かんだのがミニモニ。(懐かしい・・)でした。寝室不倫騒動の矢口真里。デキ婚の辻ちゃん、加護ちゃん・・・なんか説得力ありますよね。

お尻が大きい女にはビッチが多い?

さて今回、ビッチの特徴に関して注目したいのが、ヒップのサイズです。

先日、海外サイト「Women’sHealth」にて「お尻をみれば、あなたがどんなセックスライフを送っているのかが分かる」というコラムをみつけました。

以下、簡単に要約します↓

“18歳~26歳の女性148人を対象に、腰幅とヒップとウエストの比率から、女性の性行動を探った。調査では、被験者のヒップのサイズを測り、初体験の年齢やセックスパートナーの人数など、性体験に関する質問をする。その結果、お尻の大きな女性は、ワンナイトの相手や1年間でのセックスパートナーの人数などで、数値が高めになることが分かった。”

腰幅と女性の性行動については、以下の関連性が疑われているそうです↓

“腰幅が36cmより広い女性は性体験が豊富で、31cm以下の人に比べて行きずりのセックスの回数も多い。”

“「4回中3回は行きずりのセックス」と答えた女性の腰幅は、「1夜限りのお付き合いはほとんどない」と答えた女性に比べ2cm広い。”

安産型は、性的に魅力的な証拠

お尻と聞いてピンと来たのが、サルの性行動です。メス猿のお尻は、オスを誘惑するための大切なセックスアピールで、緑に囲まれたジャングルの中でも、すぐに見つけてもらえるように、ピンク色に腫れ上がっているのだとか。

二足歩行になって、ヒトの女性は、お尻のかわりに胸が発育しましたが、今でもお尻は、重要なセックスアピールの役割を担っていることは、たしかでしょう。

それにふっくらとした安産型のお尻って、健康な子どもを産みそうな感じがしますよね。だから、そういうお尻をもった女性って、自然と男性を引き寄せてしまうのかな、なんて思ったりしました。

ちなみに筆者は、身長155センチ、体重42キロのやせ形。ヒップは、83cmの安産型。かつて奔放に遊んでいた時代を振り返ると、「性欲の強さ」という点では、当てはまっているかもしれません。