未婚カップル8割が「セックスレス」でも、悩んでいるのは2割だけ

hands-437968__180女性誌のセックスレス特集で、驚愕のデータをみつけました。なんと「30代女性の8割がセックスレス」と回答しているではありませんか・・・!

セックスレスとは、「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義されています。(日本性科学協会HPより)

同アンケートでは、1か月以上セックスをしていない女性が、83%もいました。恋人の有無は記載されていませんが、これってヤバいですよね。イマドキ女子の性欲ってどうなっているのでしょうか。

 

◆セックスレスしないのが、当たり前?

アメリカでは裁判が行われるほど、離婚の原因になる「セックスレス問題」。筆者が学生時代にアメリカに住んでいたとき、アメリカ人の友人に「父と母が別々に寝ていること」と話したら、「もうすぐ離婚するの?」と心配されたことがあります。

日本では、親子3人川の字で眠るのが「幸せな家族」の情景として語られますが、アメリカでは「夫婦のベッドに子どもは入れない」のが当然なのだそうです。それだけ「夫婦の時間」を大切にしているということですね。

そんなアメリカ人からすれば信じがたい、日本のセックスレス事情。ですが、当の日本人はというと、「セックスレスになって、パートナーと別れを考えたことがあるか」の質問に、「はい」と答えたのは、わずか28%。「エッチがないぐらいで騒ぐなんて・・・」とセックスレスを軽視していることが読み取れますね。

さらに「セックスレスに悩んでいますか」の質問に対しては、「悩んでいる」(15%)、「過去に悩んでいた」(9%)、「悩んでいない」(76%)という結果に。もはや、セックスのない生活が当たり前になっている様子がうかがえます。

 

◆解決の糸口は「話し合い」だけど・・・

同調査では、「セックスレスを解決するために努力したことがあるか」についても聞いています。結果は、「ある」(46%)、「ない」(54%)。悩んでいる人が少ないわりに、解決しようと努力している人は意外と多いようです。

実際の体験談をみてみると、

・パートナーの浮気が原因で1年間セックスレス状態。引っ越しをきっかけに気持ちが切り替わったケース。
・同棲をきっかけにパートナーの性欲が減退し2年間セックスレス。ダイエットやおしゃれに気遣うようにして、女らしさを取り戻したケース。
・お互いに淡白だったことが災いにして3年間セックスレス。子作りをきっかけに話し合いで解決したケース。

などが掲載されていました。

そもそもセックスレスというのは、どちらかがしたくても、どちらかがしたくない(またはできない)という、アンバランスが生じていること。上記のエピソードをみても、解決には「ふたりの話し合い」が重要であることが分かります。

ですが、今回の調査では、「セックスレスだけど、悩んでいない」という人が7割を超えているので、厄介だなぁと思いました。付き合いが長くなると、どうしても後回しにしてしまいがちなセックスですが、愛情や絆を深める努力を怠らないように意識していきたいですね。

PINKYおすすめのセックス占い-今だけ初回無料!

ムラムラが止まらないアナタへ。セックスで自分の魅力を開花させる方法を知りたくありませんか?「輝く未来」では、今話題の凄腕鑑定師が生年月日や血液型などの情報から、アナタの潜在的なエロの傾向をズバリ鑑定!

今回は特別に幸せなセックスライフを送るためのヒントがたっぷり詰まった「オリジナル鑑定結果」を24時間以内にもれなく全員にお送りします。

本格占いで自分の中に眠っているエロスを開花させて、もっとムラムラしてみてくださいね。