挿入でオーガズムを感じるには?おちんちんの味わい方

前戯を思う存分楽しんだあとにやってくるのが挿入です。愛する彼と深いつながりを感じられる挿入の時間は女性にとって最高の喜びであるもの。

しかしなかには、「膣でイクことができない」「いつも彼だけ先にイってしまう」など挿入でオーガズムを感じられずに不完全燃焼のセックスで終わる女性も多いようです。

そこで今回は、彼のおちんちんを味わって挿入でオーガズムを迎える方法をご紹介します。

亀頭で感じる

まるで股間のサイズを自慢するかのように、深くペニスを抜き差ししたがる男性がいますが、残念ながらそれは勘違いテクニックです。

膣内の性感帯である「Gスポット」は、膣の入り口付近にあります。最初は亀頭だけを膣の入り口に出し入れして、カリの部分を膣の入り口に引っ掛けるように動いてもらいましょう。

カリでGスポットを刺激されるとじれったい快感が全身にひろがり、「もっと奥まで入れてほしい!」と期待感が高まるはずです。

深い挿入で静止する

次のステップでは、ゆっくりとおちんちんを膣の奥まで挿入します。男性は射精にむけて高速ピストンを繰り出したくなるかもしれませんが、なんとか我慢してもらいましょう。

最初は腰を動かさずに膣にペニスがなじむのを待ちます。挿入したまま、キスや胸への愛撫を楽しむといいでしょう。「かわいい」「気持ちよすぎてイキそう…」など、気分が高まるような言葉攻めで聴覚を刺激してもらうのもいいかもしれません。

ペニスの硬さ、太さ、温かさを膣で包み込むイメージを持ちます。彼の愛撫にあわせて膣がピクピクと小刻みに痙攣し、彼のペニスを締めつける感覚を味わって下さい。

スローなピストン運動

膣がじんわりと濡れてきたら、ゆっくりと腰を動かしてもらいましょう。このときもキスや胸への愛撫は止めません。

挿入の深さは好みによりますが、「浅めの挿入」を主として、たまに根本まで深く入れて子宮口にグリグリと押し付けるような「深い挿入」をとりいれると感じる女性が多いようです。

途中で体位を変えたくなっても、挿入はそのまま。ペニスを抜いてしまうとせっかく高まった快感が一気に冷めてしまうので要注意。

一緒にいこうとしない

同時にオーガズムを迎えることができたら幸せですが、現実はなかなかうまくタイミングがあわないものです。彼の射精にあわせようとして「早くイカなきゃ」と焦ると余計にオーガズムは遠のいてしまいます。

女性が先にオーガズムを迎えてから、男性が射精するのが理想でしょう。セックスは共同作業です。「あ、もう我慢できない……」と早々に果ててしまう彼には、早漏防止トレーニングに励んでもらうなどして、忍耐力をつけてもらいましょう。

グラフで丸わかり、あなたのセックス傾向-無料体験情報-

性欲の強さ、彼との相性、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「奇跡のスピリチュアル診断」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。運命線診断図を使って、あなたの未来をわかりやすく解説します。さらに今なら最大2000文字の個別鑑定もついて、初回限定無料!

自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみましょう!