女性のオーガズムが中心!2人で「イク瞬間」を体感する方法

セックスといえば、彼が射精して終わりというイメージを持つ人は多いでしょうが、それってなんだかいつも男性のペースに任せっぱなしで、すぐにマンネリしてしまうと思いませんか。

その日の体調や気分によっては、挿入なしでオーガズムを迎えたいと思う夜もあるでしょう。そこで今回は、愛する彼と一緒に女性のオーガズムを体感する方法をお伝えします。

ゆっくりと性的興奮を高めよう

彼をセックスに誘ったら、いつもよりゆっくりと時間をかけて、前戯をしてもらいます。セックスの間は、彼に包み込まれるようにして、ぴったりと隣り合わせになった状態をキープするのがおすすめ。なぜかというと、彼の顔が横にあったほうが女性は安心感を得られますし、男性も女性の体の変化に目を向けやすいからです。

膣が十分に潤うまで、キスや全身への愛撫を続けたら、彼に女性器へ手を伸ばしてもらいます。女性器を触るときは、2つの手を使い、クリトリスと膣の両方に触れてもらうとより快感を得やすいはず。タッチが強すぎたり、ポイントとずれているときは、さりげなく女性が手を伸ばして、お好みのやり方を伝えるようにしてください。

女性器へのタッチが始まったら、「すぐにイカなければいけない」という考えを捨て、じっくりと体の変化に目を向けることが大切です。

ここに意識を向けよう

彼に身を任せながら、体のこんなところに目をむけてみましょう。

1.全身が汗ばみ、温かくなる

彼に体を寄せるようにして、全身の火照りを伝えます。足先に汗ばむ感覚があれば、彼に足を絡めたりして、感じていることを伝えるのもアリ。

2.膣の収縮とともに全身がピクっと動く

性的興奮が高まると、膣の収縮が始まるはずです。その変化を彼の指先へと伝えるようにしましょう。無理に動こうとせず、力を抜いて、膣の感覚に意識を向けるのがポイント。このとき、人によっては、膣の収縮が全身に伝わり、ピクっと動くこともあります。

3.息遣いや呼吸がとまる

「声をださなきゃ」と意識することはありません。最初は無音でも気にすることはないので、快感とともに自然に呼吸が荒くなる様子を味わいます。オーガズムの直前は、甲高い声ではなく、腹の底から「う、う」といううめき声をあげたり、一瞬だけ呼吸が止まるのが一般的です。その変化も彼と一緒に感じてみましょう。

理想のセックスって?

女性のオーガズムは、男性の射精よりも繊細でとても深いものです。オーガズムに向けて、性的興奮が高まっているときは、膣の痙攣だけでなく、全身のあらゆるところに様々な変化が現れます。

そんな変化を一つ一つ探すようにして、彼に頭のてっぺんから足先まで愛撫をしてもらえば、女性の体に広がる快感は、彼の指先や唇の感覚を通して、男性の体にも伝わっていくことでしょう。

理想のセックスとは、女性の体に芽生えた快感に、2人で目を向けることから始まるのです。

誕生日と血液型でわかる、あなたのセックス傾向-今だけ初回無料!

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの架け橋」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

本格占いで気になるセックス運を診断してみてくださいね!