「バター犬」育成講座~なめない彼をクンニストに変える方法

筆者の彼は付き合い始めた頃、クンニをしない男でした。というよりは、「クンニのやり方が分からない」と言った方が正しいでしょうか。

そんな彼も今となっては、ほぼ毎日女性器へのキスを欠かさないほど、愛情を注いでくれています。そこで今回は、筆者と彼の「バター犬」育成講座をお話していきたいと思います。

初セックスでなめてくれなかった彼、どうやって変わったのか?

彼との初セックスは、お互いにオーラルセックスなし。一晩中カラダを重ね合わせていたものの、プレイそのものはとても淡白でした。

筆者はセックスの中でも、クンニをされるのが大好きなので、オーラルなしのセックスに少しがっかりしました。

その数日後に、2度目のセックス。

「はぁ・・・またクンニがないのかぁ。寂しいなぁ」と思った筆者は、彼のキスが胸まで下がってきたタイミングで、「ねぇねぇ、私、舐められるのが好きなの」と伝えてみることに。

すると、意外(?)にも彼はすんなり要望を受け入れ、布団の中にもぐっていきました。

「ふぅ・・・これで夢のようなオーガズムが待っている」と安心したのもつかの間、、、残念ながら、彼のクンニはまったくセンスがありませんでした。

お尻の割れ目まで流れ落ちる唾液。やみくもに舌を上下させるだけ。それはそれはもう、くすぐったくてもどかしいだけ。

あとで聞いた話なのですが、どうやら彼はこれまで1度もクンニをしたことがなかったらしいのです。未経験にもかかわらず、快く要望を受け入れてくれた彼には感謝ですが、やっぱり下手なものに変わりはありません。

そこから彼へのクンニ育成講座が始まりました。

どこが感じるか、どのぐらいの強さがいいか?手を使って細かくレクチャー

最初はスタンダードなオナニー姿勢から開始。仰向けになって、脚をまっすぐ伸ばし、少しだけ股を開きます。開いた股の間に彼がスタンバイします。

両手でクリトリス周辺を円を描くように刺激したり、上下に動かしたりしながら、「ここが感じるの」「この辺をペロペロしてみて」とおねだり。

クリトリスの扱いを知らない男性には、きちんと強さ加減も伝えてあげることが大切。言葉でうまく伝えられない時は、彼の手の甲に指先を置いて、「このぐらいの強さが感じるの」と教えると親切です。

慣れないうちは、クンニでオーガズムを迎えるのに、30分以上時間がかかってしまうこともありますが、そこは辛抱強くガマンガマン。

最初の段階で愛情深く、彼を育ててあげれば、2~3回の“しつけ”で立派なバター犬に成長します。

ちなみに筆者の彼は、1か月も経たないうちに舌の刺激だけで、イカせてくれるようになりました。今では毎晩のように「ペロペロする?」と聞いてくれます。

女の指導なしに、男のクンニは上達しない!

そもそも、なぜ筆者がクンニにこだわるのか。

それは、クンニをしてくれるかどうかで、男の器が測れるからです。

男性の中でクンニをしない男は、主に2パターンに分類することができます。

タイプA:クンニができないメンタルの男

潔癖症で、女性器の見た目やニオイを受けつけない。そのくせ、フェラチオを求めたり、自分のタイミングで挿入や射精をする。

タイプB:クンニのやり方が分からない男

過去の女性からクンニを拒否されたことがある、女性器をなめた経験がないからやり方がわからない。

同じなめない男でも、タイプAとBではまったく性格が異なります。

Aは、表面的には優しそうに見えても、本性は自分の性処理にしか興味のない男。「他人の幸せは、自分の幸せ」という発想が欠落している男なので、セックスでも女性を喜ばせる努力をしません。挙句の果てにセックスに飽きたら、女をポイ捨てする始末。付き合っても不幸になるだけです。

一方でタイプBは、単にクンニのやり方が分からない、クンニで女性が満足する姿を見たことがないというだけ。Bの彼には、成功体験を与えてあげることで、男の本能(セックスで女性を満足させたい、喜ばせたい)を呼び覚まし、より満足度の高いセックスを体感することが可能になります。

セックスは女性の教育次第で、いくらでも気持ちのいいものへと変えていきます。ぜひ上記のエピソードを参考に、愛情あふれる“なめなめ君”を育成してみてくださいね。

PINKYおすすめのセックス占い-初回無料体験-

ムラムラが止まらない…というあなた。今日のセックス運を占っていませんか?「恋愛の母」では、今話題の実力鑑定師が星座や血液型などの情報から、あなたのセックス運をずばり診断します。

今なら初回限定無料で、幸せなセックスライフを送るためのヒントがたっぷり詰まった「鑑定結果」がもれなく全員についてきます。

本格占いで気になるセックス運や相性を徹底的に占ってみてくださいね!