セックスで感じるために、「デートの前夜」にしておきたい4つのこと

warrior-pose-241611_640

warrior-pose-241611_640大好きなカレと会う前の日は、ネイルのケアやムダ毛の処理など、女の子は事前準備に追われるモノですよね。

デートの前夜は、変な期待と不安でそわそわ・・・。うっかりケアを忘れて1日ブルーにならないように、あらかじめTODOを見直しておきましょう。

ここでは、気持ちいいベッドタイムを過ごすための「デート前日集中トレーニング法」をご紹介します。

 

◆壁に寄りかかり、「空気イス」で膣トレ

彼に会う前に行っておくと、いつもより感じやすくなるのが「膣トレ」。膣トレとは、ずばり「膣(ちつ)のトレーニング」のこと。

もともとは女性の妊娠や更年期に現れる、尿漏れや緩みなどの症状を、「骨盤底筋」という筋肉を鍛えることで、軽減・解消するために考案されたもの。それがのちに、「セックスでイキやすくなった」「感じやすい体になった」などの性的な効果もあることが判明し、「女性らしさ」を育むエクササイズとして注目されるようになりました。

膣トレにはいろんな方法がありますが、お家で気軽にできるのは、壁にもたれて行う「空気椅子」。股関節~膣に意識を向けて10秒キープします。歯を磨きながら、スマホを見ながらでもできるので、おすすめです。

 

◆アンダーヘアのお手入れ

最近はVIOの脱毛が流行っているようですが、アンダーヘアのお手入れまで気を回せないという方も多いですよね。誰にも言えないけれど、パンツの中はジャングル状態。お尻まで毛が生えてる・・・となれば、自信を持ってベッドタイムに挑めないもの。

デート前夜に自己処理をするときは、眉毛カット専用の小さなハサミで、ビキニラインからはみ出ている毛を切るのがおすすめです。

カミソリは、剃ったあとにチクチクした感覚が残るので、要注意。とくにデリケートゾーンは、皮膚が薄いため、カミソリ負けして赤く腫れたり、黒ずみの原因にもなります。

 

◆バスタイムでアソコもぽっかぽか!

男性に比べて、女性は皮下脂肪が多く、身体が冷えやすいのが特徴です。身体が冷えていると、血行が悪くなり、感度が落ちます。冷え冷えのアソコでは、男性も気持ちよくありません。

そこでおすすめなのが、バスタブに浸かる習慣を作ること。お風呂で温まると、身体もアソコもぽかぽかになるだけでなく、血行が改善して、むくみやクマも軽減されます。パッと顔が明るくなり、セックスアピールも磨けるはず。

 

◆恥骨プッシュで感度アップ

ひとりエッチは感度アップにつながりますが、デート前夜はあえて「おあずけ」にして、当日まで気分を高めておきたいところ。その代わりに、女性器の周りを下着の上からマッサージして、コンディションを整えてみてはいかがでしょうか。

感度アップには、「恥骨」への刺激が向いています。恥骨の場所は、お腹からまっすぐ下に向かって指を這わせていくと、股の上あたりに硬い骨の部分。ここが、「恥骨」です。湯たんぽやホッカイロを当てるだけでも、気持ちよくなるはず。

以上、感じる体を作る4つのトレーニングでした。セックスは体が資本。日常的にケアをして、いいセックスに備えたいですね。