「妊娠しちゃったかも・・・」と不安になったらどうすればいい?

file0001360844459彼に「外で出すから大丈夫」といわれて、コンドームを装着せずに挿入を受け入れたり、一度挿入をしてから射精する直前になってコンドームをつけたり。セックスが終わって、生理周期を確認したら、危険日だったことを知って、不安になったことはありませんか。

射精願望に支配されている男性の「ゼッタイ大丈夫」という言葉ほど、信用ならないものはありません。望まない妊娠で心身ともに傷を負うのは「女性の側」であることを自覚し、セーフセックスの正しい知識を身につけましょう。

 

■72時間以内ならすぐに婦人科へ

「妊娠しちゃったかも・・」と不安になったら、すぐに婦人科へ行きましょう。セックスをしてから72時間以内であれば、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)という薬を処方してもらえます。

この薬は、レイプやコンドームの破損などの緊急事態から女性の体を守るためのもので、セックスの後72時間以内に中用量ピルを2錠飲み、その12時間後にもう2錠飲むことで、妊娠を防ぐことができます。

ただし、低用量ピルと違い、吐き気や頭痛などの副作用が重く、体に大きな負担をかけます。あくまでも、困ったときの「最終手段」として、知っておきましょう。

 

■コンドーム+「ピル」の服用が安心

セックスには、常に妊娠のリスクが付き物です。コンドームは、正しく装着すれば、避妊の手段として効果がありますが、古いものを使用して途中で破けてしまったり、陰毛が絡んだり、空気が入っていたり、誤った使い方をすると、その効果は一気に低下します。

コンドームは、男性器につける避妊法なので、その都度、安全に装着できているのか、を確認をするのはなかなか難しいですよね。「妊娠したらどうしよう・・・」と不安な気持ちでセックスをしても、気持ちいいはずがありません。

確実な避妊を目指すなら、「低用量ピル」の服用をおすすめします。ピルは、女性の意思で主体的に避妊ができ、飲み忘れがなければ99%という高い避妊率が得られます。

ピルについて詳しく知りたい方は、「実は誤解している人も多い『低用量ピル』の利用とメリット」を読んでくださいね。

 

■最新記事のお知らせはTwitterフォローが便利です。毎朝7時に更新中!

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「恋愛の母」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

本格占いで自分の中に眠っているエロスを開花させて、もっとムラムラしてみてくださいね。