カウパー腺液(ガマン汁)って何?妊娠の可能性は?

「射精の直前だけコンドームをつければ大丈夫」「外出し(膣外射精)なら妊娠しない」など、世の中には避妊に関する間違った情報がたくさんあります。たとえ膣の中で射精しなかったとしても、ナマで挿入して「ガマン汁」が出ていたとしたら要注意です。

射精前に男性の尿道から分泌される「ガマン汁」には微量の精子が含まれていることがあります。もし今、妊娠を望まないのであれば、正しい知識を身に着けておくべきでしょう。

そこで今回は、セックスする女性なら知っておきたい「カウパー腺液(ガマン汁)」のことについてお話をしていきます。

カウパー腺液ってなに?

drops-of-water-578897_960_720

男性が性的に興奮を感じた際に、尿道の根本にある「尿道球腺(カウパー腺)」分泌される弱アルカリ性の液体。精液よりも先に排泄されるため、先走り汁や我慢汁(ガマン汁)などと呼ばれることもあります。

ニオイはなく無色透明で、ローションのような粘り気があります。体調や体質によって味には個人差があるものの、「塩味」が一般的。

「カウパー」という呼び名は、1702年にイギリスの外科医・ウィリアム・カウパー氏が解剖学の書籍に発表したことが由来。ただそれ以前にも医学界では、カウパー腺液の存在は認知されており、ほかにも研究していた人がいたそうです。

ちなみにガマン汁は、女性の体からも分泌されています。女性の場合は「バルトリン腺液」と呼ばれ、性的に興奮してくると女性の膣口の左右に存在する「バルトリン腺(大前庭腺)」から分泌され、スキーン腺液などの分泌液(愛液)と混ざり、潤滑剤の役割を果たしているそうです。

カウパー腺液の役割

カウパー腺液には次のような役割があります。

1:尿道の洗浄

女性の膣と同じく「男性の尿道」には自浄作用があります。精子とおしっこは同じ道を通って排泄されますので、かわいいわが子(精子)と愛する女性のために、挿入前に尿道内をきれいに洗浄する働きがあるのです。これにより尿道や亀頭の付近の垢、埃などの汚れを落とし清潔な状態でセックスをすることができます。

2:潤滑油

カウパー腺液は、挿入時にペニスと膣が摩擦によって痛みを感じることがないように、ローションの役割も果たしています。まさに女性の体を思いやって排泄される液体。

3:精子を守るため

女性の膣内や男性の尿道は、「弱酸性」ですが、精子は酸性に弱い特性があるため、そのまま放出されてしまうと卵子まで到達することなく息絶えてしまいます。そこで活躍するのが「カウパー腺液」です。通常、弱酸性の膣や尿道をアルカリ性の成分により中和することで、精子を守る役割があるのです。

カウパー腺液で妊娠する可能性は?

baby-687314_960_720

カウパー腺液で妊娠する可能性は、通常の中出しに比べると低いですが、「ゼロ」とは言い切れません。

尿道球腺から分泌された直後のカウパー腺液には精子は含まれていませんが、射精に備えて精管膨大部に備えられた精子が射精以前に「射精管」を通じて尿道に排泄されることで、ごく微量の精子がカウパー腺液に混じることがあります。

実際、私の周りでも「膣外射精」でうっかり妊娠してしまったカップルが数組います。射精の直前にコンドームを着けたり、膣外射精(外出し)には、正しい避妊法とは言えませんので、妊娠を望まない場合は、女性が低用量ピルを服用し、勃起をしたらすぐコンドームを装着するようにしましょう。

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向-無料体験情報-

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「神言鑑定」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

さあ自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみましょう!