シャワーオナニーって何?気持ちのいいオーガズムを感じるコツ

お風呂でのオナニーといえば、シャワーの水流を利用した「シャワーオナニー」が定番。シャワーオナニーは、指派、おもちゃ派と並んで、メジャーなオナニーの方法です。

しかし、指やおもちゃを使ったオナニーと比べて、「気持ちよくなってもオーガズムまで到達しない」と悩む方が多いもの。そこで今回は、シャワーオナニーで気持ちのいいオーガズムを感じるためのコツをご紹介します。

シャワーオナニーってなに?

シャワーオナニーとは、その名の通り「シャワーの水圧をクリトリスや膣に当てることで快感を高めるオナニーの方法」です。

「初めてのオナニーがお風呂でシャワーを浴びているときだった」と語る女性は意外と多いもの。彼女たちはオナニーを意識することなく、アソコを洗うためにシャワーを当てたときに「…あ、なんか気持ちいいかも!」とハマっていくのだそうです。

シャワーの水圧が作り出す、細かな振動がたまらなく気持ちよく、一度試すとクセになる快感を味わえます。

シャワーオナニーのメリット

シャワーオナニーのメリットは主に3つ。

清潔なオナニーができる

ベッドの中でのオナニーは、愛液で下着や手が汚れてしまうもの。オナニーが終わるたびにシャワーを浴びに行くのは面倒ですし、そのまま眠ってしまう人も多いですよね。

その点、シャワーオナニーは衛生的。オーガズム後に分泌された愛液もシャワーで洗い流してしまえば、心身ともにすっきりした気分でお風呂からあがることができます。

誰にもばれない

両親や兄弟と同じ寝室で寝ている人にとって、お風呂場は格好のオナニースポット。家族にバレてしまうんじゃないか…とヒヤヒヤすることなく、安心してオナニーをすることができます。

ただしお風呂は声が反響しやすいので、うっかりあえぎ声が漏れてしまわないように注意が必要です。

気軽に試せる

「アソコを自分で触るのは怖い」「汚い」という理由で、オナニーに抵抗感を抱く女性は多いもの。シャワーを使ったオナニーなら、性器を洗うという行為の延長線上で、快感が得られるので、初心者さんでも気軽に試すことができます。

シャワーを当てているうちに「なんか気持ちいいかも!」という快感と自然に出会うことがラッキー。

シャワーオナニーのデメリット

続いて、シャワーオナニーのデメリットをご紹介します。

水道代が高くなる

一人暮らしの方は要注意!満足するまでシャワーをあてていると、水道代がとんでもないことになります。たまには指やおもちゃを使ってみるなど、シャワーに頼り過ぎないオナニーのやり方を模索することも大切ですね。

シャワーだけではイキにくい

指やおもちゃを使ったオナニーと比べると、シャワーオナニーはオーガズムまで快感を押し上げるのに少し苦労するかもしれません。気持ちいいという感覚はあっても、シャワーの水圧だけでは刺激が単調なため、途中で飽きてしまったり、物足りなさを感じてしまったりするのです。

次の項目ではシャワーオナニーでオーガズムを感じるテクニックをまとめましたので、イケない…と悩んでいる方はあわせてチェックしてみてくださいね。

シャワーオナニーでオーガズムを感じる方法1:動きに変化をつける

シャワーヘッドを手で持ちながら、上下左右・前後に動かします。円や8の字を描いてもOK。

指でのオナニーも同様ですが、動きに変化をつけることで、刺激にマンネリせずに快感を高めることができます。シャワーヘッドは短めに持つと細かな動きを調整しやすくなりますよ。

シャワーオナニーでオーガズムを感じる方法2:温度はちょっと熱めで

水圧はやや強め。温度はちょっと高めのほうがイキやすいです。最初は39~40℃ぐらいで当てはじめて、快感の高まりにあわせて温度を変えてもかまいません。

少し熱いと感じても徐々に慣れてきます。お風呂の温度もちょっと熱いぐらいが気持ちいいですよね。42~43℃の温度でアドレナリンの分泌を促し、体の興奮を高めていきましょう。

シャワーオナニーでオーガズムを感じる方法3:指でクリトリスを刺激する

オーガズムまでもう一歩届かないときは、空いている方の手でクリトリスを刺激してあげましょう。指先で優しく円を描いたり、押したりして感度を高めていきます。シャワーオナニーですでに体が敏感になっていますので、すぐにオーガズムに達するはずです。

誕生日と血液型でわかる、あなたのセックス傾向-今だけ初回無料!

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「スピリチュアルの架け橋」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

本格占いで気になるセックス運を診断してみてくださいね!