【オナニー遍歴】私のバター犬体験記を晒します

とある掲示板で「飼っている愛犬にバター犬をさせたことはありますか?」というスレッドが立っていたのでおもわずクリックしてしまいました。

いくつか回答が集まっていましたが、誰一人として自分の経験談を語っている人がいなかったので、ここら辺で私のオナニー遍歴を打ち明けてしまおうかと思います。

バター犬ってなに?

そもそもバター犬という言葉を初めて聞いたという方のために補足しておくと、バター犬とは、女性のオナニーの補助として利用されている犬のこと。女性が自分の乳首や陰部にバターを塗り、犬に舐めさせて快感を得ることを指します。

アダルトビデオでも女優さんにバターを塗って、全身を犬になめさせるという企画物があります。けっこうマニアックなジャンルなので、「実際にこんなことやってるオンナっているの?」と男性からすると疑問のようです。

私のバター犬体験記

さて前置きはこのぐらいにして、私の体験談をまとめておきますね。

私が初めて犬にアソコを舐めさせたのは、中学生の頃です。相棒は、当時飼っていたミニチュアダックスフンドでした。この頃は「バター犬」「クンニ」という言葉も知りませんでしたが、オナニーをしているときに「この子にアソコを舐めさせたら気持ちいいかも」と思ったことがきっかけでした。恐るべし女子中学生の好奇心…!

犬を飼っている方ならお分かりかと思いますが、犬って嗅覚が優れているのでやたらとアソコのニオイを嗅ぎたがるんですよね。とくに洗濯物のパンツとか大好物です。今でもそうですが、実家にかえって洗濯物のかごに下着をいれると、実家の犬は私のパンツだけ引きずりだして、ペロペロしています。

だからバターなんて塗らなくても、下着を脱いで犬のほうにお股を開くだけですぐにすり寄ってきました。自分の指でクリトリスを触りながら、膣口のあたりをペロペロしてもらっていましたね。

犬の舐める力って人間にされるよりも強いんです。舌が長くて、下から上に舐めあげる動作が得意なので、舐めてほしいポイントだけ自分で調整すれば癖になる快感が味わえました。のちに何人かの男性にしてもらったクンニリングスよりも、何十倍も犬にされたほうが気持ちよかったです。

バター犬オナニーの注意点

はっきり覚えていませんが、高校を卒業するぐらいまで定期的にしていた気がします。ただ今考えると、衛生面ではおすすめできないオナニー方法ですよね。犬の口の中は雑菌が多く潜んでいますから、膣が炎症を起こす元にもなります。

実際、当時の私は犬にアソコを舐めさせていたせいか、おりものの量が多く、たまにかゆみを伴うこともありました。似たような快感を味わいたい方は、クンニバイブなどの道具に頼った方が安全でしょう。

▽関連記事:バター犬育成講座

PINKYおすすめのセックス占い-今だけ初回無料!

ムラムラが止まらないアナタへ。セックスで自分の魅力を開花させる方法を知りたくありませんか?「輝く未来」では、今話題の凄腕鑑定師が生年月日や血液型などの情報から、アナタの潜在的なエロの傾向をズバリ鑑定!

今回は特別に幸せなセックスライフを送るためのヒントがたっぷり詰まった「オリジナル鑑定結果」を24時間以内にもれなく全員にお送りします。

本格占いで自分の中に眠っているエロスを開花させて、もっとムラムラしてみてくださいね。