下着の上から膣を触るのがお気に入り【オナニー白書Vol19】

logo_onanihakusyo

今回お話を聞いたのは、「24歳/教育関係/彼氏なし」の女性。実家暮らしの彼女は、オナニーの仕方も控えめ。祖父母の実家の物置で、いとこが読んでいたエロマンガを発見したのが、性の目覚めだという。

初オナニーは、小3の頃

ーーオナニーを始めたのは何歳ごろですか。

はっきりとは覚えていませんが、そういうことに興味を持ち始めたのは小3~4年生ぐらいだと思います。近所に住んでいる祖父母の家にあったマンガをパラパラと読んでいたときに、性的なシーンをみつけて。今振り返ると、それが目覚めだったのかな。

ーーその頃はどんなふうにしていたんですか。

今も昔もずっと手を使っています。使うのは左手だけ。手のひら全体を女性器に添えるようにして、中指でクリトリスを触っていました。時間は10分ぐらいです。

ーー左が利き手ですか。

利き手は右なんですけど、オナニーのときは左で触ってますね。場合によっては、右でおかずを持っていることもあります。

ーー当時は何をおかずにしていましたか。

3つ年上の兄の部屋に忍び込んで、マンガやAVで妄想を広げていました。それでも物足りないときは、こっそり持ち出すことも。

思春期は、性に対して罪悪感を抱くことも

ーー性に対するイメージを教えてください。

中学生の頃は、「汚いこと」と思っていた時期がありました。そのぐらいの年頃になると、学校で男の子が下ネタを話すようになるじゃないですか。

「男子ってオナニーするんだぜ!」みたいな会話に、女子が「いやー!!きもい」とか言ってたんですよね。もちろん、周りに話を合わせましたけど、そのときは「女なのに、オナニーをやめられない自分っておかしいのかな」と思っていました。

ーー「性=汚いこと」というイメージが変わったのはいつですか。

高校に入ってからです。私は女子校に進学をしたので、彼氏とのセックスの話とかで盛り上がる友達を見ていて、少しずつ自分の性欲を受け入れていきました。24歳になった今は、「オナニーしない女なんていないだろ」って思ってますね。

受験勉強が終わると、オナニーライフが再燃!

ーー最近のオナニーについても教えてください。

そうですねぇ。少し前を振り返ると、高校生の頃は、受験勉強が忙しくてオナニーどころじゃなかったんですよ。夜もベッドに入ると疲れてすぐ寝ちゃう・・・みたいな。その反動が大学生になってきましたね。彼氏もいなかったので、3日に1回ペースでしてました。

ーーやり方に変化はありましたか。

おもちゃを使ったり・・・とかはないですけど、触る範囲は増えました。最近は、下着の上から膣の周りを触るのが好きですね。あとは、携帯電話をスマホに変えてから、けっこう動画も見るようになりました。

【コメント】

現在、彼氏募集中だという彼女。好きな人ができたら、ぜひ15年のオナニー経験を、気持ちの良いセックスにつなげてほしいと思う。