週末は家にこもってエロ活をする女性【オナニー白書Vol10】

今回お話を聞いたのは、「25歳/メーカー/彼氏なし」の女性。大きな目と白い肌がチャームポイントの彼女は、その明るい性格から異性にモテるが、まともに男性と付き合った経験はほぼないという。理想が高く、自分から好きにならないと付き合えないタイプのため、なかなか機会に恵まれずに20代中盤を迎えてしまったのだとか。

性の目覚めは11歳の頃、両親に隠れてこっそりと

ーオナニーはいつ頃からしていますか?

「正確には覚えていませんが、小学校高学年ぐらいです。最初は“性器を触るとなんか気持ちがいいな”と思って始めたので、自分がしていることがオナニーだという自覚はありませんでした。私は中学2年生まで両親と同じ部屋で寝ていたので、見られないようにひやひやしながらしていましたね。

今は女性用のおもちゃもネットでたくさん売られているし、女性もオナニーをするのは普通、という風潮になってきていますけど、私が小学生の頃は、それこそタブーだったから。思春期を迎える頃になっても、オナニーがやめられない自分って、おかしいのかなと思っていました」

クリトリスを優しく、30分かけて絶頂へ

ーオナニーのやり方を教えてもらってもいいですか?

「道具は使いません。指でしています。利き手4本指でクリトリスを撫でてから、少しずつ強めに押して。招き猫の手みたいな動きをしていますね。体がムラムラしてくるタイミングにあわせて、強弱やスピードを調整して、絶頂を迎えます。

さくっとイキたいときは、5分ぐらいで終わらせちゃうけど、20、30分ぐらい時間をかけてするのが好きなので、イキそうになったら動きを止めたりして、ひとりで楽しんでます。」

ー何をおかずにしてるんですか?

「エロ漫画です。ネットでレンタルしてスマホで読んでいます。女子はエロ本を外で買うのが恥ずかしいからネットで買う人が多いっていわれていますよね。私が利用しているサイト(renta)も8割が女性ユーザーなので、女性を意識した作品がたくさんありますよ」

ー最近よかった作品を教えてください。

「集団レイプとか(笑)。あとはやっぱりイケメンが好きなので。イケメンに強引に襲われたりするのも好きですね。作品を選ぶときはタイトルで決めています」

週末は平均3回、家に引きこもってオナニー

彼女が勤めている会社は、体育会系の大手電機メーカー。朝9時出勤、終電帰り。上司の誘いで平日にカラオケオール。休日は接待など、入社してからの2年間、ほぼ休みなく働き続けている。

お給料は交際費とタクシー代に消え、貯金もできず。挙句の果てに年明けから体調を崩し、病院通いの日々が続いているという。

そんなストレスフルな生活で彼女を支えているのは、オナニーなのだとか。

「仕事で疲れたときや何も考えないで現実逃避をしたい日は、オナニーばっかりしてます。最近は休日にまとめてしますね。コンビニでご飯を買い貯めて、1日中、家にこもってエロ漫画を読んでます」

ー恋人やセフレに癒してもらおうとは思わないのですか?

「うーん・・・少し前に寂しくて欲求不満になったことがあって。そのときは友達に誰か紹介してもらおうかなと思ってたんですけど。ちょうどそのタイミングで、仲のいい友人が不倫相手から性病をうつされて、大変な目にあったという話を聞いて。怖くなってやめました」

これからも上手にオナニーと付き合いながら、仕事で疲れたからだを癒してあげてくださいね。

血液型と誕生日で丸わかり、あなたのセックス傾向-無料体験情報-

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「神言鑑定」では血液型や誕生日からあなたのセックス傾向をずばり診断。今なら初回無料で、異性を惹きつける色気アップのテクニックやもっとセックスを楽しむヒントをプロの鑑定師がアドバイスいたします。

さあ自分の内に眠る「性の習性」を知ってもっとムラムラしてみましょう!