性交痛、濡れにくい悩みも解決!女子にうれしいピストン運動のコツ

性交痛で悩んだことはありませんか。

「挿入=痛いもの」という体験をしてしまうと、そのイメージを取り除くには時間がかかります。「また痛かったらどうしよう」と考えると、緊張やプレッシャーからさらにアソコが乾いてしまうなんてことも。

大好きな彼のペニスを受け入れるのが困難になると、セックスも憂鬱になってしまいますよね。というわけで今回は、性交痛で悩んでいる方のために、ピストン運動のコツについてお話をしていきます。

挿入後の数分間は動かずに結合のみ、愛の言葉で2人の気分を高めて

前戯が不足していて、アソコの準備ができていないのに、ペニスを入れると痛みがあるのは当たり前。その場合は、彼に「まだ早い」と伝えましょう。

問題は、挿入前は濡れていたのに、ピストン運動を始めたら乾いてしまったケース。これは、男性のピストン運動に問題があります。彼に次のポイントを見直してもらうといいでしょう。

最初の挿入は、ゆっくりと。30秒ぐらい時間をかけて、ペニスが膣の奥まで入れてゆき、そのまま静止します。ペニスを膣になじませる時間をとりましょう。そのあいだは、キスをしたり、愛の言葉を囁きあったりして、2人の気分を高めておきます。

この時間を取らずにいきなり男性が激しく動いてしまうと、膣がびっくりして、快感どころではなくなってしまうので、注意して。

感じているときこそ、焦らしテクが有効

「ピストン運度は、激しくすればするほど、女性を満足させられる」と勘違いしている男性は未だに多いのですが、これはAVの幻想に過ぎません。

激しいピストンは、愛液が乾いたり、小陰唇が中に巻き込まれて、痛みの原因になったり、むしろ女子にとってマイナス面が多いのです。

もし彼が勘違いしていたら、「生身の女子はソフトな動きのほうが好きなんだよ」とやさしく教えてくださいね。

その上で、さらに上級者を目指したいときは、「もう少し激しくしてほしいな」というときに、彼にわざと動きを止めてもらうといいでしょう。

「お願い」と言うまでは焦らし続ける、などのルールを作っておくと、女性の好きなペースで焦らし効果を楽しむことができます。

「浅め」「深め」を使い分けて、2人で気持ち良く

女性も男性も気持ちのいいピストンのリズムは、浅めの挿入を繰り返しながら、数回に1回だけゆっくりと深い挿入をする。

その繰り返しです。男性は女性を満足させるために、複雑な体位や動きを試そうとしますが、実は1番感じるのは、この単調な動きなのです。

まとめ

セックスは2人で深めるもの、とはいっても、正しい知識やテクニックをしらないと、男性任せになりがちですよね。

ピストン運動について勘違いしている人は本当に多いので、女子がされてうれしいことを自分の言葉で伝えるようにしてみてくださいね。

血液型と誕生日で丸わかり!あなたのセックス傾向 -初回限定無料-

性欲の強さ、セックスのSM気質、そしてあなたの欲望のタイプは…?

「もっと輝きたい貴女のために」では、血液型や誕生日などからセックスの傾向や性癖を見極めます。自分では気付かない「潜在的な官能のツボ」や「セックスの好み」をプロの鑑定師がズバリ診断します。

初回無料でセックス傾向を詳しくチェックしてみてくださいね。